きょうの動意株

クミアイは安値水準から急反発、2Q増額で増益転換し割負け訂正

4996 クミアイ化学工業 株価チャート

 クミアイ化学工業(4996)は前場20円高の247円と急反発し、前引けも241円と堅調。今年5月16日につけた昨年来安値214円に並ぶ安値水準から底上げ相場の様相を本格化させている。前日1日に今10月期第2四半期(2Q)累計業績の上方修正を発表、経常利益が期初の減益予想から増益転換することが割り負け訂正買いを再燃させている。同社の2Q業績は、売り上げを期初予想より8億2000万円引き下げたが、逆に経常利益を4億9000万円、純利益を4億5000万円各アップさせ、経常利益は24億9000万円(前期比13%増)と増益転換し、純利益は16億円(同40%増)と増益転換率を拡大する。売り上げは、流通在庫の圧縮の影響で下ぶれるが、利益は、売上原価の低減や販管費の抑制を進めたことで上方修正につながった。10月通期業績は、下半期の動向が不透明として期初予想に変更はなく、純利益は5億5000万円(前期比2.0倍)と見込んでいる。株価は、増益転換を予想した今期業績が、市場コンセンサスを下回ったことがボディブローとなって昨年来安値もで調整した。PER的には割高だが、PBR評価では0.4倍と割り負けており、低位値ごろ妙味も加わり逆行高展開も想定される。

記事中の会社を詳しく見る

クミアイ化 (4996)

ページトップ