きょうの動意株

クックパッドが高値更新、再度の株式分割に好決算と初配当がオン

2193 クックパッド 株価チャート

 クックパッド(2193・M)は一時530円高の9330円まで上げ、4月6日につけた株式分割権利落ち後高値9100円を更新。前週末11日に4月期決算とともに昨年11月に続く株式分割と前期な初配当、今期の連続最高予想業績を発表、権利取りの買い物が集まっている。前引けは440円高の9240円。株式分割は、投資単位当たりの金額を引き下げ、長期的に株式流動性を向上させ投資家層を拡大することを目的にしており、6月30日割り当てで1株を2株に分割する。同社は、昨年11月末も1対3の株式分割の権利を落としており、株価は、権利落ち後安値5920円から落ち後高値まで3200円高しており連想を誘っている。一方、同社の前4月期業績は、今年2月の再上方修正値を上ぶれ前々期比2.0倍増収、2.5倍経常増益、2.3倍純益増益と続伸し、純利益は前々期の過去最高を大幅に更新、5円の初配当を実施する。料理レシピサイトのサーバ処理速度などを改善し、4月の月間利用者数が前年同月比46%増の896万人、月間ページビュー数が39%増の4億2397万人、累積レピシ数も42%増の75万品となり、マーケティング支援事業、広告事業などが好調に推移したことが要因となった。今期も2ケタ増収増益を予想、純利益は7億700万円(前期比24%増)と市場コンセンサスを約2億円下回るが、連続の過去最高となる。内需関連株人気を高め上値追いに弾みをつけよう。

記事中の会社を詳しく見る

クックパド (2193)

ページトップ