きょうの動意株

住友林業は下値を固める、半年に一度の活躍サイクルで仕込み場

1911 住友林業 株価チャート

 住友林業(1911)が、底堅く推移している。年初来高値は4月26日の799円で、その後の安値は6月1日の708円と、高値からの下落率は11%強と比較的下げは小さい。このところの動きも730円前後でのモミ合いで推移し、今朝は8円高の738円まであった。同社は豊富な自社山林での木材を武器にした木造注文住宅の大手。今3月期の注文住宅は8700棟(前期8580棟)見込みと順調。今期の営業利益は前期比23.1%増の120億円、予想1株利益33.3円、配当は年15円の見通し。PER面で、とくに、割安が目立つということではないものの、1株当純資産917.8円の内容からは、少なくとも下値不安はないだろう。これまでの動きでみる限り、半年に一度のサイクルで値を上げているため、下値を拾って出番に備えるのがよいだろう。

記事中の会社を詳しく見る

住友林 (1911)

ページトップ