きょうの動意株

あさひは1Q好決算を評価し分割落ち後安値から3連騰

3333 あさひ 株価チャート

 あさひ(3333)は前場32円高の1328円まで上げ、後場も13時を回り8円高の1304円と3営業日続伸基調。6月18日につけた株式分割権利落ち後安値1280円から出直り顕著となった。前日21日に今2月期第1四半期(1Q)決算を発表、連続の増収増益で第2四半期(2Q)累計業績予想に対して順調な利益進捗率を示したことを評価して下げ過ぎ訂正買いが増勢となっている。同社の1Q業績は、前年同期比7%増収、6%経常増益、5%純利増益となり、会社側の2Q業績予想対比の利益進捗率は、目安の50%をクリアする59ー57%となった。引き続き関東地域の2店舗を中心に6店舗を新規出店し、インターネット販売、ホームセンターや総合スーパーへの商品供給事業の3本柱で多様な顧客ニーズに対応、今年5月に中国・北京に海外第1号店をオープンしたことなども寄与した。2Q・2月通期業績は期初予想を据え置き、通期純利益は、21億7700万円(前期比3%増)と連続の過去最高更新を見込んでいる。株価は、前期配当の増配を好感して1642円の戻り高値をつけたものの、今期の連続最高業績発表が材料出尽くし感につながり300円幅超の調整となった。再度、PER15倍台の割安修正に動こう。

記事中の会社を詳しく見る

あさひ (3333)

ページトップ