きょうの動意株

象印は11連騰で高値更新、業績上方修正で値ごろ割安株妙味

7965 象印マホービン 株価チャート

 象印マホービン(7965・大2)は前場10円高の248円まで上げて年初来の高値240円(4月12、13日、6月18日)を更新、前日比変らずを含めて11連騰。後場は3円安の235円前後に小反落だが、当然の上げ一服との見方が多い。前日21日に今11月期の業績予想および5月第2四半期(2Q)累計決算予想の上方修正を発表、連続増益率を大きく伸ばすことが低位値ごろの割安株買いを拡大した。業績修正のうち11月通期業績は、期初予想より売り上げを3億円、経常利益を7億円、純利益を4億円それぞれ引き上げ、純利益は、11億円(前期比89%増)と前期に続く大幅増益となる。北米、中国市場で売り上げが好調に推移し、国内も圧力IH炊飯ジャーなどの高付加価値製品が続伸、円高による海外生産品の原価低減効果や販管費の減少、ステンレスボトル生産の持分法適用会社の好調業績も上乗せとなり上方修正につながった。なお通期の上方修正幅は、第3四半期以降に原材料価格上昇を見込み、2Q修正幅より小幅化する。株価は、今期業績の増益転換予想、第1四半期の2ケタ増益転換業績と好材料が続き年初来安値から240円まで4割高したが、なおPERは14倍台、PBRは0.4倍と割り負けている。大証2部株の逆行高特性も加わり低位値ごろ株思惑拡大を支援しよう。

記事中の会社を詳しく見る

象印 (7965)

ページトップ