きょうの動意株

オークワは2ケタ減益の1Q続落業績に失望し反落

8217 オークワ 株価チャート

 オークワ(8217・大1)は、主力の大阪市場で2円安の907円と反落。900円に接近。前週末25日に11年2月期・第1四半期(2月21~5月20日)決算を発表、前年同期比2ケタ減益と続落し、低利益進捗率にとどまったことに失望し売り先行となっている。同社の第1四半期は、前年同期比3.4%減収、26.5%経常減益と落ち込み、期初予想の第2四半期予想の業績対比の利益進捗率は36~28%と目安の50%を下回った。ディスカウントタイプの「スーパーセンター」業態や高質スーパーの「メッサ」業態は、比較的順調に推移した。しかし、主力の「レギュラー」業態やディスカウントタイプの「プライスカット」業態が、低位価格競争の影響で伸び悩み、業績続落となった。ただ、純利益は前年同期に、「棚卸資産の評価に関する会計基準」適用により計上した特別損失が消え3億2500万円(同3.2倍)と大きく増えた。第2四半期・11年2月通期業績は期初予想に変更はなく、とくに、通期純利益は28億円(前期比18.7%増)と見込んでいる。株価は、年初来安値から今期業績の回復予想を手掛かりに低PERと低PBR修正でいったんは1100円まで上昇したものの、ほぼ、スタートラインの900円台まで往って来いとなっている。注目のPERは14倍台、PBRは0.5倍台。仮に、900円を割っても大きく下げることはないだろう。

記事中の会社を詳しく見る

オークワ (8217)

ページトップ