きょうの動意株

アルコニックは株式分割を歓迎し急伸、久々に3000円回復

3036 アルコニックス 株価チャート

 非鉄商社のアルコニックス(3036・東2)は285円高の3070円と3営業日続伸、6月28日以来の3000円台を回復した。前日5日に発表した株式分割を歓迎、同時に下げ過ぎ訂正高も加わっている。株式分割は、投資単位当たりの金額を引き下げ、株式の流動性を高め、より投資しやすい環境を整えることで投資家層の拡大を図ることが目的。7月31日割り当てで、1株を2株に分割する。同社はアルミ、銅などの非鉄金属の専門商社。中国の経済発展を背景に資源株人気で4月15日には年初来高値4170円まで買い進まれ、年初水準から3割上昇。ところが、中国の金融引き締め政策による経済の伸び鈍化と、5月14日に発表した3月期決算で11年3月期の純益が44.4%減の10億円見通しだったことを嫌気して、7月2日には2666円の年初来安値へ下げた。今期の純益減益は前期発生のノレン益約11億円が剥落するため。それでも、予想1株利益は375.0円と優秀。基本的には「資源」がますます重要視されることには変わりはない。PERは8倍台。分割の権利取りの買いが続くだろう。

記事中の会社を詳しく見る

アルコニク (3036)

ページトップ