きょうの動意株

佐鳥電は上げ一服も注目、短期急騰習性で夏相場での活躍を期待

7420 佐鳥電機 株価チャート

 電子部品商社の佐鳥電機(7420)は、58円安の721円と4日ぶり反落。前日までの3連続陽線を含め、直近安値から2割強の上昇で利益確定売りが出ている。前日14日に10年5月期決算を発表、6月の再々上方修正通りに純益黒字転換幅を拡大して着地した。4.0%増収、3.0倍経常増益とV字回復し、純利益が、11億1600万円(09年5月期9億3600万円の赤字)と黒字転換した。電子部品セグメントで、国内がデジタルカメラ向けASIC(特定用途向け集積回路)やパソコン向けバッテリー、海外ではパソコンメーカー向けメモリやUSB3.0対応ホスト・コントローラーLSIなどが堅調に推移。09年5月期に実施した、構造改革による販管費圧縮、営業権譲渡益計上などが上乗せとなってV字回復した。11年5月期も世界経済は本格的な回復に至らないものの緩やかな回復傾向が続くとして続伸を予想。純利益は11億5000万円(3%増)と見込んでいる。配当は年20円の予定。株価は、今年4月の再上方修正で、4月23日に979円まで約300円高。その後、6月に瞬間655円と下げたものの、概ね、700~730円でモミ合っている。動き始めると値幅妙味を発揮する銘柄だけに、夏枯れ相場となる、これからの相場で短期急騰を狙った買いが入ることは十分に予想される。

記事中の会社を詳しく見る

佐鳥電 (7420)

ページトップ