きょうの動意株

離陸後の全日空は堅調な飛行、300円固めで次は400円期待

9202 ANAホールディングス 株価チャート

 底値圏から離陸の全日本空輸(9202)は、290円台で頑強にモミ合っている。5,6月頃には2月12日につけた年初来安値255円へ急接近する場面はあったものの、ジリジリと下値を切り上げ、去る7月21日には遂に300円台へ乗せ307円と年初来高値を更新し離陸に成功した。この日は293~298円で底堅くモミ合っている。「ライバルのJAL再建は着々と進んでいるようだ。もちろん、同社の好調は続いている。4月以降の旅客数実績では、前年比で国内線で4月105.0%、5月105.6%、6月107.1%。さらに、国際線では4月116.1%、5月130.5%、6月133.3%と、特に、国際線での伸びが目立つ」(中堅証券)。まもなく発表予定の第1四半期(4~6月)の数字と3月通期への期待が膨らんでいる。年1円の復配幅は広がる可能性もありそうだ。300円前後を固めれば、一段高は十分期待できる足どり。400円前後までは真空地帯だけに一気に上昇相場が見込めそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

ANA (9202)

ページトップ