きょうの動意株

「年商1000億円突破」のブルボンには1部上場の期待強い

2208 ブルボン 株価チャート

 4ケタ挑戦のブルボン(2208・東2)は、18円安の917円と続落、4ケタがやや遠のいている。年初来安値が1月6日の891円、高値が7月5日の959円と、もともと値幅は大きくはない。それでも最近は徐々に商いを膨らませつつ4ケタを目指した動き。仮に、1000円台に乗せれば06年8月以来、久々である。背景となる業績は好調。29日発表の第1四半期(4~6月)は前年同期比2.7%増収、24.5%の営業増益だった。春先の天候不順に見舞われたものの、ビスケット品目、スナック品目の好調に加え、デザート品目、チョコレート品目も伸長と健闘。今3月通期は当初の予想通り、2.9%増収、11.5%の営業増益、1株利益76.6円、配当年13円の見通し。商品知名度の高いことに比べて、マーケットでの人気は今ひとつ。出来高の薄いことにも原因があるようだ。「年間売上が1000億円を超えてきたので、東証1部を目指してもよいのではないか」(中堅証券)との声もある。

記事中の会社を詳しく見る

ブルボン (2208)

ページトップ