きょうの動意株

スポーツクラブ東祥の動き煮詰る、地方都市での出店好調

8920 東祥 株価チャート

 スポーツクラブ運営の東祥(8920・JQ)は、450円を挟んだモミ合いが続いている。年初からの動きで見れば440~500円のもち合い、直近では5月後半から450円前後でのモミ合いが煮詰りつつある。全国10~15万人の都市を中心に「大人の健康づくり」を打ち出した会員制スポーツクラブを37店舗展開している。「会員数2500名、経常利益率35%」と、「会員数2000名、経常利益率30%」を基準として、その数値の達成が見込める場所に出店する。これは、「ハコ物を作ることが目的ではなく、インストラクターなど人材をセットした内容のある店舗展開を目指しているため。人材面を考えれば年間8店舗ていどの出店が理想的」(会社側)。2015年に74店舗、2018年に100店舗を計画している。このほど発表の第1四半期(4~6月)は前年同期比20.8%の営業増益。3月期通期では2.1%増収、3.4%の営業増益、1株利益68.2円、配当は年11円の予定。PERは6倍台。見直し余地はある。

記事中の会社を詳しく見る

東祥 (8920)

ページトップ