きょうの動意株

妙徳が高値接近、韓国、台湾向け好調で年10.5円へ増配

6265 妙徳 株価チャート

 妙徳(6265・JQ)は、25円高の226円と買われ、3月18日の年初来高値235円へ接近している。同社は真空吸着輸送機器メーカー。自動車、電子産業向けが多い。今期から決算期を3月から12月へ変更する。その9ヶ月の変則決算となる、10年12月期をこのほど増額した。売上を4億8200万円増額の24億円(10年3月期は12ヶ月で21億9700万円)、営業利益も2億7300万円増額の5億9800万円(同2億7200万円)、1株利益は43.6円、配当についても当初予想の年6円を年10.5円とする。韓国及び台湾の半導体製造装置メーカー、液晶製造装置メーカー向けに真空発生器(コンバム)の輸出が好調。3月の高値後、200円を挟んだ長期モミ合いで推移、シコリはほとんどない。増配予定で利回りは4.6%と高い。株式分割後の06年5月には715円の高値がある。

記事中の会社を詳しく見る

妙徳 (6265)

ページトップ