きょうの動意株

伏木海は5営業日連続で商い不成立、13日の決算発表は注目

9361 伏木海陸運送 株価チャート

 伏木海運(9361・東2)は、商いのできない日が目立つ。この日、前場でも商いはなく、これで5営業日連続の商い不成立。もっとも、年6円配当に対し、最終値である230円(8月4日)では配当利回り2.6%と比較的高い。同社は富山県伏木港と富山新港などで紙製品やコンテナ港湾作業を手がける。日ロ定期船も運行。決算期は6月で、10年6月期は8月13日に発表の予定。決算としては厳しい内容が予想されているものの、現行配当は継続の見通し。県の費用負担でコンテナ用クレーンの1基増設も寄与してくることで11年6月期は上向きが予想される。ロシア関連の人気は今のところ盛り上がりに欠けるものの、今後、日本海をまたいだ貿易は拡大が予想され徐々に見直されるものとみられる。売り物が出れば拾っておきたい。

記事中の会社を詳しく見る

伏木運 (9361)

ページトップ