きょうの動意株

東京電力は為替睨みながら下値切り上げ、高値うかがう

9501 東京電力ホールディングス 株価チャート

 東京電力(9501)は、一時11円安の2419円まで下げ3日続落場面があった。最近、3~4日のリズムで連続高と連続安の小幅の動きが目につく。円高とそれに対する調整としての円安の動きが繰り返され為替の方向性が定まらないことがある。円高なら、円高関連の本命としての同社株は一気に上値を追うことができるのだが。それでも、2300円台の下値モミ合いから水準を切り上げ、年初来高値2504円(1月25日)を、うかがうまでになっている。後場は猛暑効果もあって5円高の2435円と小高くなっている。これから先、円高が鮮明となるようなら、輸出株売りの内需株買いの動きが活発となることが予想され、年初来高値更新から08年水準の3000円を目指すことも十分予想される。

記事中の会社を詳しく見る

東電HLD (9501)

ページトップ