きょうの動意株

ハイテク株下げの中で頑強な浜松ホト、予想外の増配も効く

6965 浜松ホトニクス 株価チャート

 浜松ホトニクス(6965)は、一時20円安の2583円まであったものの、大引けにかけては2600円近くまで引き戻し、全般が安い中では堅調といえる動き。5月11日の年初来高値2795円に対しても7%強の下げにとどまっている。「本来なら、ハイテク関連で海外比率も高いことからハイテク株安で下げが予想されるところ。新たに、<MSCI>指数への採用が決まったことで機関投資家の運用対象としての買いが入っているようだ」(中堅証券)。8月2日の第3四半期決算発表時点では、今期の配当を年36円としていた。これを、去る20日には年40円(09年9月期年30円)にすると発表したことも好感されている。値ガサ株としては利回りが1.5%台と比較的魅力的なこともある。今期の売上は23.5%増、営業利益は約4.3倍、1株利益130.6円の見通し。機関投資家の買いだけに上値買いには慎重で、全般が軟調な時に売り物を拾って仕込む動きとみられる。

記事中の会社を詳しく見る

浜松ホト (6965)

ページトップ