きょうの動意株

平和不動産は小反発、「昔の期待」あるも世直し難しそう

8803 平和不動産 株価チャート

 平和不動産(8803)は、3円高の200円と小高い。去る25日には09年3月以来、約1年半ぶりに200円を割って196円と年初来の安値をつけていた。言うまでもなく東京証券取引所の大家さんで、最近の株式市場の低迷が響いている。今3月期は1円増配して年4円とすることで利回りは2%と、利回り面では下値の不安はなさそうだ。しかし、上値を期待するのも難しそうだ。かつては、「相場低迷の時は平和不動産が活躍」と決まっていた。しかし、相場師と呼ばれる投資家が次々と姿を消し時代は変わっている。投資採算に基づいた投資が主流となった今、1株利益が13.3円(11年3月期予想)の内容では、上値を買える力はない。「動いて欲しい」という期待の声は聞こえてくるものの、一方で、「なぜ、全般がだめなら平和不動産が動くの」という昔を知らない若い世代も増えている。200円前後を維持するのが精一杯だろう。

記事中の会社を詳しく見る

平和不 (8803)

ページトップ