きょうの動意株

日ハムは安値更新、指標割安感、冬場活躍見込んで仕込みも

2282 日本ハム 株価チャート

 日本ハム(2282)は前日に続いて一時、年初来安値を更新。6円安の990円と前日につけた年初来安値991円を1円だけ下回った。安値の後は1001円と反発。1100~1200円のモミ合いを切ってから下げがきつくなり、去る25日には09年5月以来1年3ヶ月ぶりに1000円を割っていた。第1四半期(4~6月)は前年同期比で営業利益は89.3%の大幅増益だった。今3月通期では売上4.9%増の1兆円、営業利益20.7%増の300億円、1株利益62.0円、配当は年15円の予定。これまでの1100~1200円のモミ合い水準ではPERが約20倍と高かった。株価の下げでPERは15倍台まで低下、とくに、PBRは0.8倍弱となってきた。どちらかといえば、お歳暮需要などで冬場に動くことが多いだけに下値を仕込んで待つのも一法だろう。

記事中の会社を詳しく見る

日ハム (2282)

ページトップ