きょうの動意株

伯東3日続伸、半導体関連株人気低調もPBRは4倍の割安

7433 伯東 株価チャート

 半導体等の商社、伯東(7433)は、15円高の735円と前日変わらずを挟み3日続伸。去る8月24日につけた年初来安値706円から4.1%戻している。半導体関連ということで、先行き不安から、このところ半導体関連銘柄が冴えないことに引っ張られ、4月27日につけた年初来高値995円から右肩下がりの調整。先の安値706円は、年初来高値からの下落率が29%と底値目安となる「3割」に近づいたことで打診買いが入ったようだ。第1四半期(4~6月)末での1株当純資産が1729円あり、PBRが0.4倍まで低下したこともある。半導体や機器の専門商社であり、開発営業に特色をもっている同社は工業薬品製造も併営し、電子部品とともに中国市場の開拓に注力している。11年3月期は13.2%増収、営業利益18.1%増、純益20.9%増と足元の業績は良好。予想1株利益90.5円、配当は年30円の予定。とくに、「現預金が暫増しており、体力的には堅牢である。時価総額約173億円に対し、現預金(約143億円)をはじめ、土地・建物・投資有価証券の簿価合計で252億円、さらに、売掛債権で265億円を持つ。長短借入金及び社債(約107億円)を差し引いても時価での投資妙味は大きい」(中堅証券)。半導体関連人気の剥落で、同社株単独の上昇は難しく高値奪回は困難だろう。それでも、800~850円への戻りは見込めそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

伯東 (7433)

ページトップ