きょうの動意株

日経平均急伸でもトヨタは3000円回復ならず

7203 トヨタ自動車 株価チャート

 主力指標株のトヨタ自動車(7203)は日経平均が200円を超す上げとなったものの3000円台は回復できていない。前場こそ54円高の2995円と買われたものの、3000円には届かず、後場は16円安の2925円と安くなっている。「今のマーケットの主役の売方は日経平均を見るよりトヨタ株の動きを見ていると言っても言い過ぎではない。トヨタの動きが戻りいっぱいとなればトヨタ株をはじめ一連の優良銘柄の空売に動いてくる。トヨタはグローバル企業であり世界景気の動向を映しているし、円高、さらに日本政府の景気対策など、すべてのことを反映しているのがトヨタ株といえる」(中堅証券)ということだ。仮に、このまま、同社株が3000円を奪回できないようだと、この日実施の日銀の円高対策への効果も大きくは期待できないということにもつながるのではないか。売方は本格的に仕掛けている動きではないものの、上値は限界と判断した可能性は強そうだ。

記事中の会社を詳しく見る

トヨタ (7203)

ページトップ