きょうの動意株

京浜急行に「騒音」材料で4ケタ相場はしばらく様子見

9006 京浜急行電鉄 株価チャート

 京浜急行電鉄(9006)は高値圏で様子見の動き。この日は安値が9円安の843円(10時34分)、高値は後場1円高の853円。年初来高値である8月30日の865円に対し高値圏のモミ合いながら、これまでの強い動きからみれば様子見ともいえる。その背景には、小田急電鉄に対し東京地裁が沿線住民の騒音の訴えを一部認め1152万円の支払いを命じたことがある。しかも、判決の基準に昼間65デシベル、夜間60デシベルと数値を示した。羽田空港路線を持つ同社にとっても、羽田の国際化で深夜利用者が増えれば騒音問題が出てくる可能性もある。まもなく、羽田空港の新滑走路オープンで、これに合わせて同社株の4ケタ相場期待は強いものの、思わぬ「騒音」でしばらく様子見のようだ。

記事中の会社を詳しく見る

京急 (9006)

ページトップ