きょうの動意株

「円安」小康でニトリHD反発、7000円回復はならず

9843 ニトリホールディングス 株価チャート

 円安小康からニトリホールディングス(9843)が70円高の6970円と反発。家具中心に輸入が約7割と大きいことから、これまでの「円高」局面において堅調な動きをみせてきた。それが、一転、政府の円高介入から円安となったことで16日には6820円と大きく下げて4月13日以来、5ヶ月ぶりに7000円台を割り込んだ。この日、戻しはしたものの7000円台回復には至っていない。これは、「為替相場が再び円高に戻るのか。あるいは、さらに円安へ進むのか、見極めが難しいため。しばらくは様子を見守る動きだろう」(中堅証券)。一方、今2月期は予想1株利益522.4円(前期417.0円)、配当も年50~60円(同年50円)の見通しと好調。とくに、PERでの割高感はない。

記事中の会社を詳しく見る

ニトリHD (9843)

ページトップ