きょうの動意株

海運市況下げ日本郵船軟調、大幅増配期待で下値限定的

9101 日本郵船 株価チャート

 海運市況安で日本郵船(9101)は5円安の341円と前日の3円安に続いて下げている。21日のバルチック指数が7日続落したことが響いた。このところ下値切り上げからフシどころの350円へ買われていたことで利益確定売りが先行した。足元の業績は好調。11年3月期は営業利益1270億円と前期の赤字180億9400万円から大幅黒字転換する。1株利益41.8円、配当は年10~12円(前期年4円)の見通し。仮に、年12円配当が実現すれば利回りは3.5%にもなる。PERでも割安。ただ、発行株数が17億株超の大型で今のマーケットの力では活躍し難い。しかも、バルチック指数の下落の背景が世界景気の不透明感ということだけになお更だ。年初来安値は1月4日の284円。日柄的には十分、下値鍛錬ができている。短期の値幅取りは難しそうながら、配当狙いの中期投資なら押し目買いでよいだろう。

記事中の会社を詳しく見る

郵船 (9101)

ページトップ