きょうの動意株

コード番号「01」の東武鉄道に「06」の京浜急との比較感台頭

9001 東武鉄道 株価チャート

 東武鉄道(9001)は3円高の491円と小高い。22日(水)に第2四半期と、今3月通期の修正を行った。第2四半期、通期とも売上を減額、利益は増額した。今3月通期でみれば売上は30億円減額の5730億円(10年3月期5793億8200万円)、経常利益20億円増額の245億円(同227億8800万円)、純益15億円増額の135億円(同139億8600万円)とした。1株利益は15.8円(同16.4円)。景気低迷でレジャー、不動産、流通などが低調な反面、物件費の削減と支払い利息の減少が寄与する。同社株の今年の動きは高値が4月7日の530円、安値が6月9日の462円と活気に乏しい。とくに、「鉄道でのコード番号は9001とトップバッター的な番号ながら、9006番の京浜急行の株価(今年の高値883円)に大きく水を開けられている。利益の増額は悪くはないものの、羽田関連で売上が期待できる京浜急に比べると見劣りがする」(中堅証券)。

記事中の会社を詳しく見る

東武 (9001)

ページトップ