きょうの動意株

6日続落の東洋水産はシーズン入りで底値圏到達

2875 東洋水産 株価チャート

 東洋水産(2875)は32円安の1765円と6日続落。前日まで5日間の合計下げ幅は107円、さらに、この日の下げを加えると小さくはない。ただ、8月6日につけた年初来安値1616円に対しては上の位置で止まっている。北米において即席麺の大手量販店取引先絞込みによる逆風と円高の影響を受けている。このため、11年3月期の会社予想営業利益300億円は難しい情勢で290億円(10年3月期311億2100万円)にとどまりそうだ。しかし、「NYダウ上伸にもみられるようにアメリカ景気は持ち直している。北米での需要も回復するだろう。円高もひと頃ほどではなくなっている。むしろ、国内は猛暑が去り、即席麺の需要シーズンを迎える」(中堅証券)。同社株は夏場に安値をつけることが多く、今年も8月を安値にこれから即席麺シーズンと共に底値固めから徐々に出直ってくるものとみられる。

記事中の会社を詳しく見る

東洋水 (2875)

ページトップ