きょうの動意株

四季報好調で三洋化成に見直し買い続く、750円相場も期待

4471 三洋化成工業 株価チャート

 四季報好調の三洋化成工業(4471)は17円高の630円と前日の8円高に続いて買われ8月9日の627円を抜いて年初来の高値を更新。去る8月24日には845円と直近の安値をつけていた。四季報の好調な見通しが手がかりとなって見直されている。11年3月期の営業利益は、四季報では会社予想の86億円を上回り95億円(10年3月期61億4600万円)と前期比54.5%の大幅増益見通し。1株利益も50.8円(10年3月期23.1円)と向上、配当は2円増配の年15円の見通し。同社は化学品において、「どのような働きをするかが問われるパフォーマンス・ケミカル」を掲げ、生活・健康、環境・住設、電子・情報、機械金属、機械・輸送などの分野に展開。とくに、自動車や電子・情報向けが想定以上の好調。来期(12年3月期)の営業利益は100億円乗せが見込まれる。京都銘柄の出遅れでPERでの買い余地もある。とくに、月足チャートの形は抜群に良く、750円前後は十分に見込めるところだ。

記事中の会社を詳しく見る

三洋化 (4471)

ページトップ