きょうの動意株

「格安」発表後のANAはモミ合う、株主には反対意見も

9202 ANAホールディングス 株価チャート

 格安航空進出発表後の全日本空輸(9202)は305~310円とモミ合っている。格安航空会社を創って関西国際空港を拠点に展開すると正式発表したのが9月9日。9日の終値は3円高の316円だったのに対し、その後、15日に329円まで買われたものの、このところの動きは310円前後でのモミ合いにとどまっている。6月の250円前後から買われていたこともあり買い疲れ感もあるようだ。ただ、「これまで買われてきたのは格安分野進出より羽田の滑走路拡張による国際線増便期待が大きかったのではないか」(中堅証券)。時代の流れは格安時代ながら、株主の中には反対意見もあるという。「ライバルのJALが脱落した今、わざわざ格安に手を染めることはない」という声もあるという。「経営者はすべては業績で答えを出すしかない。まずは、9月の中間期で増額修正と今期の復配幅が拡大されるかどうかに注目している」(中堅証券)。第2四半期決算発表まではモミ合いが予想される。第2四半期決算は昨年は10月30日に発表している。

記事中の会社を詳しく見る

ANA (9202)

ページトップ