きょうの動意株

王将フード下げ安値接近、9月既存店売上は低調

9936 王将フードサービス 株価チャート

 王将フードサービス(9936・大1)は、後場34円安の1853円と下げた。この日、9月の月次売上を発表、既存店売上は前年対比96.0%にとどまった。今期(11年3月期)に入って、4月106.3%、5月102.6%と前年を上回るスタートだった。しかし、6月以降は前年を下回っている。とくに、6月売上が35ヶ月ぶりに前年割れとなったことが響いて、株価は7月に1年ぶりの2000円割れ。8月27日には年初来安値1820円まで下げていた。その後、月次売上回復への期待もあって9月14日には2076円まで戻していた。しかし、再び下げに転じてきた。夏場の猛暑に続く、9月の残暑の影響があったものと予想される。今後、秋以降、どのていどの回復となるかが注目される。今期の営業利益は110億円(前期107億4100万円)、1株利益292.9円、配当年50円の見通し。既に、PERは10倍を割り込み6.3倍まで低下しているため、ここからの下値は乏しいとみられる。ただ、株価の本格出直りには、まず、「10月」の月間売上の動向がポイントだろう。

記事中の会社を詳しく見る

王将フード (9936)

ページトップ