きょうの動意株

天満屋ストアが東証2部唯一の新高値、好業績も配当に物足りなさ

9846 天満屋ストア 株価チャート

 天満屋ストア(9846・東2)が、前場、東証2部で唯一の新高値となっている。25円高の749円と1本値ながら、年初1月5日の745円を抜いて9ヶ月超ぶりの高値更新。第2四半期(3~8月)が予想を上回る堅調な業績だったことがある。売上は前年同期比5.1%減の423億7800万円と減収にはなったものの当初予想を3億7800万円上回った。営業利益は当初予想通りで前年同期比47.3%増の7億9900万円、とくに経常利益では予想を1億1300万円上回り前年同期比2.2倍の6億1300万円となった。2月通期では売上5.4%減の830億円、営業利益31.7%増の18億円、1株利益30.3円、配当は年5円の見通し。同社は岡山市に本社を置くスーパーで天満屋グループ。地元岡山県に18店舗、広島県に5店舗、香川県に2店舗の合計25店舗を展開。地域密着した店づくりが効果を表しているという。昨年11月以降、700円を挟んだモミ合いが続き、ここに来て、モミ合い放れの様相となっている。ただ、現在の株価に比べ年5円配当は見劣りがすることも事実。今後、増配の可能性が強まれば一段の上値も期待できるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

天満屋 (9846)

ページトップ