きょうの動意株

森下仁丹に多剤耐性菌関連の材料、「アンジェス」と共同開発

4524 森下仁丹 株価チャート

 多剤耐性菌関連として森下仁丹(4524・東2)が注目されている。今朝の株価は1円安の226円。東証マザーズに上場のアンジェス(4563)が従来の抗菌剤より優れた抗菌性を有するペプチドを成分とする消毒剤を開発したと発表。これは、森下仁丹との共同開発によるものという。「手術室などにおける効果が持続する新規の消毒剤。大腸菌・緑膿菌・白癬菌など社会的に問題となっている細菌感染だけでなく、院内感染で問題となっているMRSAなどの多剤耐性菌にも効果がある。死亡例で問題になっているアシネトバクター菌にも効果がある」(アンジェス発表資料)という。日常に使用される環境用消毒剤から手術室における持続性のある新規消毒剤などに広い適用を見込んでいる。森下仁丹の今3月期は増収増益見通しにあり、PBRは0.6倍台。今度の材料が、どのていど同社の業績に寄与するかは分からないものの見直しのきっかけとなる可能性はある。

記事中の会社を詳しく見る

仁丹 (4524)

ページトップ