きょうの動意株

京写に500円相場の声も、片面プリント板で粘り勝ち評価

6837 京写 株価チャート

 京写(6837・JQS)は2円安の176円と小安い。しかし、このところの動きは170円台を固めてきている。業績は急向上。営業利益では09年3月期1億5700万円→10年3月期6億8100万円→11年3月期(予)9億2000万円→12年3月期(予)9億8000万円。「他社が片面プリント配線板から撤退するなかで、踏ん張った同社の粘り勝ちといえる。片面プリント板では世界トップとなった。しかも、電気メーカーが製品の低価格化に伴い、価格の高い両面プリント板を避け片面にシフトしている」(中堅証券)という。1株利益では来期には40円も見込める。第2四半期(4~9月)決算は11月5日に発表の予定。中期500円相場の声も聞かれるほど注目度は高まっている。

記事中の会社を詳しく見る

京写 (6837)

ページトップ