きょうの動意株

球団売却の消えたTBSは15円高と反発、依然、下値不安消えず

9401 TBSホールディングス 株価チャート

 プロ野球球団の売却が消えたTBSホールディングス(9401)は、15円高の990円と反発した。住生活グループとの間で進めていた、横浜ベイスターズ球団の売却交渉が27日、白紙となった。来シーズンもTBSが運営する見通し。しかし、最近のプロ野球人気は盛り上がりに欠ける。著名選手はアメリカの大リーグへ移り、大リーグのテレビ中継に日本のプロ野球は押されている。しかも、今シーズンの横浜は最下位。頼りの巨人軍の人気も、昔のような巨人・大鵬・卵焼きというようなことはない。プロ野球球団を持つメリットは投資家からみれば疑問を感じるだろう」(中堅証券)。だから、同社は球団売却に動いていたのだろうが。第2四半期(4~9月)決算は11月2日(火)に発表予定。今3月期の営業利益は大きく回復するものの、会社予想の89億円は難しく79億円とみられている。最終損益は収支トントン予想で、投資指標の基本となる1株利益はゼロ。割高感はぬぐえない。年初来安値960円(10月20日)をキープできるかどうかは分からない。

記事中の会社を詳しく見る

TBSHD (9401)

ページトップ