きょうの動意株

利益増額もタカラスタンダは軟調、高PERが敬遠

7981 タカラスタンダード 株価チャート

 タカラスタンダード(7981)は、一時504円と500円台を回復したものの、後が続かず8円安の487円と軟調。10月15日に今年2月以来8ヵ月ぶりに500円を割って29日には477円の年初来安値をつけていた。この日、今3月期の業績修正を発表。売上は予想通り1300億円(前期1250億1000万円)ながら、営業利益は4億円増額の39億円(同29億4000万円)、純益2億円増額の21億円(同16億2600万円)の見通し。売上構成の改善、製造原価の低減、販売経費の削減などが寄与している。営業利益率は3.0%(前期2.3%)、1株利益14.3円、配当は年13円の見通し。30倍を超えるPERの高いことが敬遠されているようだ。

記事中の会社を詳しく見る

タカラスタ (7981)

ページトップ