きょうの動意株

シップヘルスは前場東証1部唯一の新高値、増額を改めて見直す

3360 シップヘルスケアホールディングス 株価チャート

 シップヘルスケアホールディングス(3360)が、41円高の863円と買われ、前場では東証1部唯一の新高値。これまでの高値は10月28日の843円。同社は医療機器と設備の一括販売、診療用材料の販売、調剤薬局や介護付有料老人ホーム経営も行う。連結子会社の「グリーンホスピタルサプライ」におけるプロジェクト案件が想定を上回る好調、「セントラルユニ」の医療設備工事が堅調、「酒井医療」における介護入浴装置の販売も好調に推移。このため、去る10月28日に今3月期業績を上方修正している。このときに843円と最初の新高値をつけた。売上50億円増額の1500億円(10年3月期1400億900万円)、営業利益3億円増額の63億円(同57億円)、純益13億円増額の50億円(同31億5400万円)とした。営業利益率は4.2%(前期4.0%)の見通し。第2四半期はまもなく発表される。同社は9月28日に100分割の権利を落としたばかり。権利付最終値は7万4800円(9月27日)で、28日に733円で始まり、この日の高値863円は、権利付逆算で8万6300円となって権利付当時を上回る。

記事中の会社を詳しく見る

シプヘルH (3360)

ページトップ