きょうの動意株

「平城遷都祭」終了接近で近鉄は新安値、旅客反動減を懸念

9041 近鉄グループホールディングス 株価チャート

 近畿日本鉄道(9041)は、2円安の241円まで下げ連日の年初来安値を更新。今年4月24日から開催されている、「平城遷都1300年祭」が11月7日(日)で幕を閉じることも気にされているようだ。とくに、イベント含め1~6月の来場者は延べ900万人超といわれ効果は大きかっただけに、利用客の反動減は心配される。同社は平城宮の奈良一円に路線がある。まもなく発表の第2四半期(4~9月)決算は好調が予想される。遷都祭効果と、百貨店での思い切ったリストラ効果などが表れるものとみられる。現時点での今3月期見通しは売上9800億円(前期9607億1600万円)、営業利益380億円(同357億5800万円)、1株利益7.1円、配当は年5円の見通し。ただ、株価水準は厳しく、02年12月の232円へ接近。

記事中の会社を詳しく見る

近鉄GHD (9041)

ページトップ