きょうの動意株

青森新幹線キップ発売開始好感でJR東日本買われる

9020 東日本旅客鉄道 株価チャート

 青森新幹線キップ発売で東日本旅客鉄道(9020)が、65円高の4960円と買われ5000円へ接近している。12月4日、東北新幹線の青森延伸が営業開始するのに伴い、1ヶ月前の今日から指定席券が発売された。記念の始発1番列車指定席券は青森発、東京発とも1分以内に売り切れたという。10月の月次旅客収入は前年比100.4%と5月以降、連続で前年を上回って堅調。4月は前年比99.9%だった。去る10月28日に発表の第2四半期(4~9月)では、前年同期比0.1%増収、8.5%の営業増益。今3月通期では売上0.6%増の2兆5880億円、営業利益4.1%増の3590億円の見通し。営業利益率13.8%(前期13.4%)、1株利益351.3円、配当は年110円の見通し。最近の株価は一連の内需関連株の下げから5000円を割り込み、2日(火)には4825円と年初来安値を更新。株式分割後の安値4710円(09年3月12)へ接近となっている。「PERは14倍台と割高感はなくなってきた。新幹線青森効果を期待すれば中期的な買い場だろう」(中堅証券)。

記事中の会社を詳しく見る

JR東日本 (9020)

ページトップ