きょうの動意株

近畿ツーリスト57円の上場来安値、1株純資産マイナス20円で

9726 KNT-CTホールディングス 株価チャート

 名門、近畿日本ツーリスト(9726)が上場来の安値を更新している。14円安(19.7%安)の57円まで下げ、10月15日の65円を下回り上将来安値を更新している。1975年の上場で、1988年には2600円の高値をつけた実績がある名門。短期的には新型インフルエンザの影響もあった。しかし、根本的にはネット等を活用した旅行会社の登場による競争激化の影響が大きい。08年12月期に営業赤字31億8600万円、09年12月期にも33億3900万円の赤字と業績不振に陥った。今12月期は営業利益14億円と黒字転換見通しを変えていないものの、9日(火)に発表した第3四半期(1~9月)では営業赤字22億5200万円と不振。残り3ヶ月で赤字を取り返し黒字とするのは厳しそうだ。「気になるのは、第3四半期末で1株純資産がマイナス20.2円と第2四半期末のマイナス14円を上回ったこと」(中堅証券)。いわゆる債務超過状態が一気に上場来安値となったようだ。

記事中の会社を詳しく見る

KNTCT (9726)

ページトップ