きょうの動意株

機関投資家好みのキーエンス、2日連続の大幅下げ、一方通行

6861 キーエンス 株価チャート

 キーエンス(6861)は、210円安の2万1110円と前日の440円安に続いて大きく下げている。11月2日の160円高から10日の550円高まで6日連続して合計で2140円高していたことに対する反動のようだ。とくに、去る10日には2万1810円と年初来高値2万2980円(4月1日)に近づいたことで売り物が出やすくもなっていた。一方、大阪市場では前場で一本値の2万1060円ながら、1月27日の2万630円を抜いて年初来高値をつけていた。同社は本社が大阪市のFAセンサーなど、検出・計測制御機器の有力会社。今3月期の業績は前期比、33.6%増収、営業利益52.7%増益、1株利益988.0円、配当は年60円の見通し。発行株式数5527万株、単位株主数は4400名程度。「外国人投資家の持株比率が45%超と高く、やや、一般個人投資家には近寄りがたい印象があるようだ。ホームページのIRページも一般個人投資家には見つけ難いようだ」(中堅証券)という。機関投資家中心の動きということが値動きを大きくしている面もあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

キーエンス (6861)

ページトップ