きょうの動意株

百貨店に明るさで高島屋も一時12円高、消費に西高東低の兆し

8233 高島屋 株価チャート

 2年8ヵ月ぶり百貨店売上が上向きで高島屋(8233)も、一時12円高の727円と買われた。引けは1円安の714円と5日ぶりに小反落した。百貨店協会発表の10月の全国百貨店売上は前年同月比0.6%増と微増ながら2年8ヶ月ぶりの上向き。同社は、すでに10月度について発表(11月15日)、百貨店では高島屋14店舗は前年比0.8%増、国内子会社18店舗も含めた全体でも0.5%増。関西地区は大阪店4.5%増が寄与して地区全体で1.0%増、関東地区は東京店の2.2%減が響いて地区全体では0.3%増と、やや、「西高東低」の形。今2月期業績は前期比、1.8%減収、11.7%の営業増益、1株利益33.3円、配当年10円の見通し。1月につけた年初来安値592円に対し、11月2日に601円まで下げたものの安値を下回らなかったことで見直し反転、この日727円まで戻した。しばらく700~710円を固めれば年末、クリスマス、正月シーズンから注目され800円相場を目指す動きが期待できそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

高島屋 (8233)

ページトップ