きょうの動意株

カラオケシーズンで第一興商、07年以来の1500円台

7458 第一興商 株価チャート

 カラオケシーズンで第一興商(7458・JQS)が、22円高の1508円と買われ年初来の高値を更新。1500円台の水準は07年1月以来と久々。言うまでもなく同社は業務用通信カラオケ『DAM』で業界トップ。『ビッグエコー』も運営する。これから、クリスマス、忘年会、新年会などカラオケ季節。振り返ってみると、ほぼ毎年、1~3月に高値をつけていることが多い。今年も活躍シーズン到来というわけだ。低シエア地域への営業強化により機器賃貸件数の増加。4月に発売した『サイバーDAMa』などナイト市場向けも堅調。「最近はご夫婦や孫を連れてカラオケを楽しむ人も目立つなどカラオケの裾野広がっている」(中堅証券)。11年3月期は前期比、1.9%増収、1.4%営業減益、1株利益155.3円、配当年55円の見通し。小幅減益予想ながら、年末年始の成績次第では増額の可能性は強いといえるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

一興商 (7458)

ページトップ