きょうの動意株

ジャムのアヲハタ08年以来の1300円割れ、真空地帯を下げる

2830 アヲハタ 株価チャート

 アヲハタ(2830・東2)が、一時56円安の1289円と大きく下げた。とくに、年初来安値更新と同時に08年10月以来の1300円割れとなった。去る10月27日に80円の大きい窓開けの下げとなって下放れ、11月5日には1325円まで下げていた。このところは下げ渋っていたが、この日は、一気に年初来安値1305円(1月4日)を切る厳しい下げとなった。同社は広島県竹原市が本社で、家庭用ジャムでシエア3割強の大手。9月9日に第3四半期(11~7月)決算発表、11月22日に配当修正発表を行っている以外は、新しい発表資料は見当たらない。10年10月期の配当については1円増配の年15円とする。第3四半期時点では10年10月期の売上を191億円から182億円へ減額しているが、既に、9月の発表で時間が経過していた。営業利益1.8%増の9億4000万円、1株利益78.5円の見通しには変わりはなかった。予想されることとしては、アナリストのレーティング変更があったのかしれない。もっとも、この日の下げは出来高は少なく、真空地帯を値を崩した動き。安値の後は前日比4円高の1349円と戻している。

記事中の会社を詳しく見る

アヲハタ (2830)

ページトップ