きょうの動意株

北海ガス田で出光買われる、大物上場の先輩としての見直しも

5019 出光興産 株価チャート

 ベガ・サウスガス田生産開始で出光興産(5019)が、100円高の7970円と買われている。3日(金)、ノルウエー領北海のベガ・サウス田において子会社が12月2日から商業生産を始めたと発表した。ノルウエー西部の都市ベルゲンから北西に135キロメートルの北部北海海域に位置する。近くにはヨアガス田もあるという。生産量はガスで日量最大約220立方メートル、コンデンセート(天然ガソリン)が2200バレル。このうち、出光権益分はガス約33万立方メートル、コンデンセートで330バレルという。このところ、国際的な政治問題から中東等において資源確保が難しくなっているときだけに好感されている。11月22日には09年9月以来の8000円台を回復し25日には8240円まで買われている。同社株は06年10月に上場。大物上場として話題を集め、今年上場の第一生命、まもなく上場の大塚HDの先輩にあたる。上場時始値1万500円に対し、07年5月には1万5940円の高値がある。上場来高値から、なお50%も下に位置するだけに先輩格としての力を期待した動きもあるようだ。

記事中の会社を詳しく見る

出光興産 (5019)

ページトップ