きょうの動意株

「長距離ドライブでタイヤ好調」から増額のフジコーポ急伸

7605 フジ・コーポレーション 株価チャート

 増額発表のフジ・コーポレーション(7605・JQS)が急伸。前場から22円高の445円と買われ高値を更新する動きだった。増額を発表した後簿は46円高の469円と一段高となった。これまでの高値は4月26日の428円。13日(月)、午後2時に発表した増額は10年10月期について売上で10億5100万円増額の136億5100万円(09年10月期121億5900万円)、営業利益2億5900万円増額の8億2900万円(同5億5800万円)、純益も1億7300万円増額の4億8500万円(同3億500万円)とした。1株利益は予想の66.3円を上回り103.2円、配当も当初の年12円予想から年20円とする。同社は宮城県黒川郡が本社のタイヤ、ホイールの小売店『タイヤ&ホイール館』を、東北、関東中心に展開。「休日高速料金上限1000円の効果で長距離を走行するドライバーが増えタイヤ需要が増加した」(会社側)。4月の高値428円後、400円を挟んだモミ合いで推移し動きが煮詰まっていた。好タイミングでの増額に素直に反応した。99年の上場来高値1450円は無理としても予想1株利益の100円台乗せで一段高は十分期待できるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

フジコーポ (7605)

ページトップ