きょうの動意株

年初来高値へ挑戦のグンゼ、中国合弁設立を発表、寒波にも期待

3002 グンゼ 株価チャート

 メリヤス肌着のグンゼ(3002)は、急伸後、330円台でモミ合っている。去る7日に300円前後から347円と買われ、年初来高値380円(1月12日)へ挑戦の構え。紳士肌着の大手ということで、例年、冬場に活躍する銘柄。今年は寒くなったり、また暖かくなったりで、季節感がはっきりしないため、株価の動きに例年のようなキレ味がない。この日(14日)には、中国大手婦人インナー企業と、中国におけるアパレル製品の販売を行う合弁会社を設立すると発表。北京市において12月20日に調印し、11年2月に設立の予定。合弁会社名は「北京郡是服飾有限公司」、グンゼが51%出資する。14年度で年間売上約30億円の見通し。同社の中国生産子会社を活用して現地企画を含め、機能商品、付加価値商品を提供。中国全土でのグンゼブランド拡大を図る。同社の今3月期1株利益は10.4円(前期4.3円)、配当年7.5円の見通し。PERでは買い難いものの、1株純資産577.1円では割安。寒波に中国評価が加われば400円台乗せも見込めそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

グンゼ (3002)

ページトップ