きょうの動意株

日和産業に商い増加、「卵」値上がりで飼料と自前農場に注目

2055 日和産業 株価チャート

 日和産業(2055・大)は、3円高の164円と前日の4円高に続いて買われている。とくに、前日は出来高が、わずか1000株だったのに対し、今朝は10時半時点で1万2000株と増加している。いちばんの注目点は1株純資産803.3円で計算したPBRが0.2倍と非常に低いこと。しかも、このところの鶏卵価格上昇から、配合飼料メーカーである同社にとって、鶏用の配合飼料の需要増加に結びつくとの期待がある。さらに、同社自身、「宮崎県宮崎農場」で鶏9万羽、「兵庫県三木農場」でも鶏9万羽を手がけている。得意先の民事再生法申請によって、同社の今3月期純益は1億8000万円(前期3億6700万円)と落ち込むものの一過性。年5円配当継続で、来期からの業績回復を見込めば、1株純資産並みは無理としても09年当時の地相場だった240~250円は期待してよいだろう。

記事中の会社を詳しく見る

日和産 (2055)

ページトップ