きょうの動意株

中国へ日本初のコミック配信、日本エンタ発表日から1000円高

4829 日本エンタープライズ 株価チャート

 日本エンタープライズ(4829・東2)は、700円高の7700円と前日(15日)の300円安から急反発している。去る13日(月)に、「中国モバイル向け電子コミックストア『漫魚』で<ハーレクインコミックス>20本配信」と発表している。中国の契約携帯電話は8億台を超え世界一の携帯電話大国。今回の配信20本はハーレクインのロマンス小説を原作とした日本コミック。『漫魚』にとって初の日本コミックとなる。13日から配信を開始しているという。足元の業績も好調。11年5月期の営業利益は2億円(前期1億5000万円)、1株利益265.3円、配当年100円の見通し。「中国での配信は、業績への寄与はまだ判断し難いものの、巨大市場だけに期待を抱かせるに十分の材料」(中堅証券)。発表日13日(月)の終値は6700円。今朝の水準は発表日からちょうど1000円高ということで利益確定売りは出やすい。短期筋の売りを消化すれば4月27日につけた年初来高値8300円更新も期待できそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

日エンター (4829)

ページトップ