きょうの動意株

ボトムから3割戻しの岩井コスモは調整入り、四季報今期無配懸念

8707 岩井コスモホールディングス 株価チャート

 快調に戻していた岩井コスモホールディングス(8707)が、16円安の591円と反落、600円を割っている。11月1日の上場来安値470円から底打ち反転、616円まで安値から31%戻していた。「業績が芳しくないだけに安値から3割も戻せば利益確定売りが先行する」(中堅証券チャーチスト)。業績予想は未公表。四季報・新春号では今3月期の営業損益は25億円の赤字予想。3期連続の赤字。4月にコスモ証券を子会社化し、総合大手証券の仲間入り。しかし、「今期黒字見通しの野村ホールディングスとは比べるわけにはいかないだろう」(証券会社OB)。とくに、四季報では今期の配当は0~20円となっている。仮に、無配なら今の株価は割高感が目立つことになる。上値は買い難いだけに、株価は調整色を強めることになりそうだ。

記事中の会社を詳しく見る

岩井コスモ (8707)

ページトップ