きょうの動意株

大和自が157円と年初来安値、好景気時には6220円の高値

9082 大和自動車交通 株価チャート

 大和自動車交通(9082・東2)が、新安値。2円安の157円と、去る21日の158円を下回って年初来の安値を更新。商いの少ない銘柄。それでも、夏場までは200円前後で底堅く推移していた。10月に200円を割り、ジリジリと上値を切り下げている。とくに、12月以降の動きで目立つのは、毎日、小口の出来高ながら商いが伴っていること。時折、1万株を超える出来高がみられることから、法人等の売りが出ていることも予想される。東京のハイヤー・タクシーの大手。国内の景気停滞で企業のハイヤー利用は停滞。しかも、企業の海外進出から今後も国内は厳しさが予想される。今3月期は3期間ぶりに営業黒字転換見通しで年3円配当は継続の方針。「バブル経済が始まる前の1987年頃には6220円の高値があり、タクシーチケットの使える良い時代だった。もう、そういう時代は来ないかもしれない」(中堅証券)。

記事中の会社を詳しく見る

大和自交 (9082)

ページトップ