きょうの動意株

400円乗せならず淀川鋼は見切り売りに続落、好内容で逆張り

5451 淀川製鋼所 株価チャート

 400円挑戦だった淀川製鋼所(5451)は、9円安の373円と22日(水)の4円安に続いて小幅続落。21日に390円と買われたものの、今年5月以来となる400円奪回がならなかったことから小口の見切り売りが出ているようだ。1株純資産781.6円でPBRが0.4倍台と低いことから万年割安株として全体相場が物色難となったら買われている。年10円配当、太陽光関連など手がかり材料はあるものの、やはり、人気性に欠けるため、上値追いの勢いが止まると後が続かない。下値の目処は、去る、11月10日に長い下ヒゲをつけ、その時の安値337円が目安となりそうだ。その水準は30日線に近いところでもある。一段安を待っての逆張り投資がよいだろう。この日は12月1日~12月22日の期間において157万3000株の自己株式取得を行ったと発表した。

記事中の会社を詳しく見る

淀川鋼 (5451)

ページトップ