きょうの動意株

阪急阪神HD安値接近、大阪市場では新安値、今期減益で

9042 阪急阪神ホールディングス 株価チャート

 阪急阪神ホールディングス(9042)は、東京市場では3円安の378円と前日比変わらずを挟んで4日続落、年初来安値376円(11月2日)に接近。大阪市場では382円と、これまでの安値だった390円(7月2日)を下回って年初来の新安値。とくに、新しい材料が出ているということではない。ただ、今3月期の営業利益が会社予想で610億円(前期比13.0%減)、四季報で650億円(7.3%減)と減益見通しにあることから、年末ということもあって売りが出やすい。1株利益17.4円、配当は年5円の予定。同社は阪急・阪神の関西私鉄グループ。鉄道、不動産、ホテル、観光など多角展開。「京都・大阪・宝塚・神戸などの好立地ながら、開発余地ということでは多くは望めない。観光面での戦略を発揮できるかが注目される」(中堅証券)。

記事中の会社を詳しく見る

阪急阪神H (9042)

ページトップ