きょうの動意株

「振興予算」も沖縄電4000円割れ、好材料は一旦売り継続

9511 沖縄電力 株価チャート

 振興予算で期待の沖縄電力(9511)は、40円安の3995円と4000円を割っている。2011年度予算案で沖縄振興予算が当初比3億円増の2301億円となった。前年比で10年ぶりの増加。「来年は民主党政権にとって普天間基地問題への取り組みは最大ともいえる政策案件。今後も、あの手この手で振興策の出てくることは当然予想される。デリケートながら、マーケットにとっても大きいテーマ性を含んでいる」(中堅証券)。一部では、ラスベガスのような不夜城のような特区構想も囁かれている。いずれにしても沖縄の電力需要を押し上げることが大いに期待される。もっとも、このところの同社株は、一気に上値を追う動きではない。半面、ずるずると下げる相場でもない。政局を横目で睨みながらの神経質な動きといえる。こうした動きの中で下値は着実に切り上げている。直近の戻り高値は12月20日の4120円。中期投資の向きには4000円割れは仕込み場といえるだろう。

記事中の会社を詳しく見る

沖縄電 (9511)

ページトップ